無料採用エントリー

「ヘルパー訪問中に行う「認知症予防法!」その1

2022/01/18
★介護士日記

おはようございます。ヘルパーステーション介護のみかたです。


訪問介護サービスの提供時間は30分から90分の間で行う場合が多いです。

その間、ずっとお客様とヘルパーが一緒に動いているかというと違います。
 

ヘルパーが作業をしている時に座ってゆっくりする時間をとっています。

ヘルパーが訪問しているのにお客様が何もしない時間を作ることはもったいないと思い、その時間を何か有効活用できないか?とスタッフみんなで話し合い、認知症予防を行ってもらうようにしています。


このパズルもおススメです!その名も、脳ブロック「永久に遊べるパズル」

よかったら検索してみて下さい。

お客様のあいている時間の有効活用を考えて、認知症予防の提案をするのもヘルパーの大切なサポートメニューのひとつです。

認知症予防を行ってもらう時に気をつけなければいけないポイントあるのでそれはその2の投稿でお伝えします。

 

 

※使用している写真は、ご本人・ご家族の了承を得て掲載させて頂いています。



関連記事

物を大切にする心や、昔の智恵などを伝えるメッセンジャー。

2020/07/14
★介護士日記

 2010年度介護利用者は、過去最高の493万人――介護給付費実態調査

2011/08/28
★介護士日記

短冊に願いを・・内容

2016/07/10
★お楽しみイベント

ほっと、ひといき

2017/01/09
★スタッフの雑談・イベント
秦 邦仁
株式会社クローバー
代表取締役

2011年に大分市で訪問介護サービス「ヘルパーステーション介護のみかた」を開所。自宅で元気に長生きできる独自のシステムを開発し、高齢者の生活をサポートしている。また、介護支援コンサルタントとして、小学校から老人クラブまで年齢層に関係なく介護セミナー活動も行っている。

お問い合わせこちら

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
無料採用エントリー
トップへ戻るボタン