無料採用エントリー

 2010年度介護利用者は、過去最高の493万人――介護給付費実態調査

2011/08/28
★介護士日記
厚生労働省は、このほど、2010年度の「介護給付費実態調査の概況」を公表した。

2010年5月審査分から2011年4月審査分までの1年間において、介護予防サービス、介護サービスを利用した人は、前年度に比べて約24万人多い、492万8200人であった。これで、3年連続で過去最多を更新した(表1)。

介護のみかたブログ
表1 受給者数の年次推移


年間継続受給者の要介護・要支援状態区分を2010年4月と2011年3月で比較すると、「要支援2」から「要介護4」において、軽度化よりも重度化の割合が高くなっていた(図1)。

介護のみかたブログ
図1 年間継続受給者数の要介護(要支援)状態区分の変化別割合

受給者1人当たりの費用額は、2011年4月審査分で15万5,800円。前年同月分と比較すると1,500円減少していた。

次いで、居宅サービスの利用状況をみると、訪問介護、通所介護(デイケア)は、いずれの要介護状態区分でも、居宅サービス受給者のうち3割以上の人が利用。一方、訪問看護は要介護状態区分が高くなるに伴い、利用割合も顕著に高くなっていた。

また、施設サービスの状況をみると、1年間の単位数は、介護福祉施設サービスが最も高く、次いで介護保健施設サービス、介護療養施設サービスの順。

なお、要介護状態区分別にみると、介護福祉施設サービスでは「要介護4」「要介護5」の割合が多く、介護保健施設サービスでは「要介護3」「要介護4」の割合が多く、介護療養施設サービスでは「要介護5」の割合が多くなっていた。

◎厚生労働省「平成22年度 介護給付費実態調査の概況」


関連記事

県内、1091人。

2021/09/15
★介護士日記

思い出を整理すること・・・

2019/04/29
お年寄りのみかた

今度、作り方を教えちゃるな!

2021/01/21
★介護士日記

 秋空

2011/10/19
★介護士日記
秦 邦仁
株式会社クローバー
代表取締役

2011年に大分市で訪問介護サービス「ヘルパーステーション介護のみかた」を開所。自宅で元気に長生きできる独自のシステムを開発し、高齢者の生活をサポートしている。また、介護支援コンサルタントとして、小学校から老人クラブまで年齢層に関係なく介護セミナー活動も行っている。

お問い合わせこちら

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
無料採用エントリー
トップへ戻るボタン