無料採用エントリー

 酢を使ったメニューが嚥下機能の向上・改善

2011/09/24
★介護士日記
 キユーピーは、むせにくく、飲み込みやすく工夫した酢を要介護者の食事に取り入れることで、要介護者の「食べる力」の向上が見込めるという研究結果を、9
月10日に発表した。本内容は特定医療法人北九州病院との共同研究によるもので、第58
回日本栄養改善学会学術総会(広島県広島市、広島国際会議場)で発表された。



食べることや飲み込むことが困難になった人の食事は、食べやすさ、飲み込みやすさを優先するため、使用できる食材が限定されがち。そのため、メニューの幅が狭くなり、そのことが食欲の減退にもつながるといわれている。




方、酢はメニューの幅を広げ、食欲の増進が期待される調味料だが、その刺激がむせを生じやすくするため、要介護者の食事には取り入れにくい食材のひとつで
もある。そこで同社は今回、酢をむせにくく、飲み込みやすい状態にしたソースを用い、食べる力が衰えた要介護者の食事に取り入れ、摂食状態の変化について
調べた。



対象は、摂食・嚥下障害のある高齢者10名(男性2名 81.5±9.2歳、女性8名 84.0±8.6歳)。酢のソースを用いたメニューを全体の4分の1以上に取り入れた献立を提供し、毎日3食、12週間継続して摂取してもらった。



12
週間の継続摂取後、被験者の嚥下反射の遅延や開口不良に顕著な改善が認められ、「食べる力」の向上が見込める結果が得られた。また、栄養状態の代表的な指
標である血清アルブミン濃度の平均が3.3g/dLから3.5g/dLに増加し、体重の減少も10人中9人で認められなかった。このことから、酢のソース
を用いたメニューを取り入れることが嚥下機能の問題解決をサポートしていることが示唆された。



◎キユーピー

関連記事

 久々の

2011/08/31
★介護士日記

当たり前のことが出来なくなったら・・・

2017/12/16
★介護士日記

私達、不思議なご縁なんです。

2016/06/20
├ハッピーランチミーティング

3年前に大分合同新聞に掲載されました!!

2018/10/30
★介護士日記
秦 邦仁
株式会社クローバー
代表取締役

2011年に大分市で訪問介護サービス「ヘルパーステーション介護のみかた」を開所。自宅で元気に長生きできる独自のシステムを開発し、高齢者の生活をサポートしている。また、介護支援コンサルタントとして、小学校から老人クラブまで年齢層に関係なく介護セミナー活動も行っている。

お問い合わせこちら

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
無料採用エントリー
トップへ戻るボタン