無料採用エントリー

 訪問介護、生活援助見直しで報酬17%減も- 12年度介護報酬改定の概要

2012/02/04
★介護士日記
2012年度介護報酬改定では、訪問介護の生活援助サービスで、提供時間の区切りを60分から45分に短縮したことで、基本報酬(一回当たり)も見直され
た。現行の30分以上60分未満の報酬と、12年度以降の20分以上45分未満の報酬を比べると、17.0%減になる。また、定期巡回・随時対応型訪問介
護看護(24時間訪問サービス)の創設を踏まえ、身体介護には20分未満の短時間サービスが創設される。
















 生活援助の現行の基本報酬は、30分以上60分未満が229単位、60分以上が291単位。新報酬では、20分以上45分未満が190単位、45分以上
が235単位に設定された。また、身体介護に続いて生活援助を行うケースの時間区分も、現行の30分以上(83単位)、60分以上(166単位)、90分
以上(249単位)から、20分以上(70単位)、45分以上(140単位)、70分以上(210単位)へと、それぞれ見直された。



 身体介護には20分未満の時間区分を創設し、基本報酬を170単位/回に設定した。午後6時から午前8時までは算定要件はないが、それ以外の日中の時間帯は、算定できる利用者や事業所を絞っている=表=。



 
加算では、自立支援型のサービス提供を促す目的で、「生活機能向上連携加算」(100単位/月)を新設。訪問リハビリテーションの実施時に、訪問介護事業
所のサービス提供責任者が、訪問リハビリ事業所の理学療法士らに同行して利用者宅を訪れ、共同で行ったアセスメント結果に基づいて計画を作成すれば、初回
の訪問介護から3か月に限り算定できる。

 また、改正社会福祉士及び介護福祉士法の施行で、12年度から一定の研修を受けた介護職員がたん吸引な
どを実施できるようになることを踏まえ、特定事業所加算の要件を見直す。具体的には、同加算1(20%加算)や同3(10%加算)に必要な「重度要介護者
等対応要件」に、たん吸引などが必要な利用者の数を加え、算定しやすくする。



 一方、減算では、ホームヘルパー2級修了者をサービス提供
責任者として配置している場合、事業所の介護報酬を10%減らす。ただし、12年度中に介護福祉士の取得が見込まれる場合などは、13年3月末まで減算さ
れない経過措置を設ける。また、訪問介護など訪問系サービス事業所と同じ建物に住む利用者30人以上(前年度月平均)にサービスを提供した場合、その利用
者分の報酬を10%減算する規定も盛り込んだ。



 このほか、サービス提供責任者の人員基準を見直し、利用者40人ごとに1人の配置を求めることにした。13年3月末までは現行基準でよいとする経過措置も設ける。

関連記事

令和元年ニュースレター5月号

2019/05/22
★介護士日記

【軽作業】郵便物の受け取り

2020/05/17
お年寄りのみかた

「朝がここで、昼がここ。そして夕方と寝る前がここね!」

2021/12/09
★介護士日記

介護報酬改定後、訪問・通所の6割超が減収- 東社協調査

2012/07/14
★介護士日記
秦 邦仁
株式会社クローバー
代表取締役

2011年に大分市で訪問介護サービス「ヘルパーステーション介護のみかた」を開所。自宅で元気に長生きできる独自のシステムを開発し、高齢者の生活をサポートしている。また、介護支援コンサルタントとして、小学校から老人クラブまで年齢層に関係なく介護セミナー活動も行っている。

お問い合わせこちら

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
無料採用エントリー
トップへ戻るボタン