無料採用エントリー

 ケアマネジメント、利用者負担導入が再浮上-厚労省

2011/11/20
★介護士日記
厚生労働省が10月31日の社会保障審議会介護保険部会(部会長=山崎泰彦・神奈川県立保健福祉大名誉教授)に提出したケアマネジメントに関する見直し案
は、費用の全額を介護保険給付でまかなっている現在の仕組みを改め、新たに利用者負担を導入する内容。昨年の意見書取りまとめに向けた議論でも論点になっ
たが、民主党の一部や介護業界内からの反対が根強く、来年4月施行の改正介護保険法への導入は見送られた。ところが政府・与党が6月に取りまとめた社会保
障と税の一体改革成案に、ケアマネジメントの機能強化が明記されたことを機に、導入論が再浮上した。

.この提案に対し、土居丈朗委員(慶大経済学部教授)は、「負担導入がプランの中身への関心を高めてもらえる効果も期待できる」と、前向きな姿勢を示した。




方、木村隆次委員(日本介護支援専門員協会会長)は、「ケアマネジメントをケアマネジャーがやる。それが介護保険の一丁目一番地」と指摘。その上で、利用
者負担を導入すると、利用者の要望だけが強く反映されたプランが作られてしまう可能性があるとし、厚労省の提案を批判した。伊藤彰久委員(連合生活福祉局
長)も「(導入が)自立支援につながるのか、再考する必要がある」と指摘。さらに結城康博委員(淑徳大総合福祉学部准教授)は「ケアマネジメントにかかわ
る利用者負担は避けるべき」と述べるなど、委員の多くは、利用者負担導入に反対する姿勢を示した。


関連記事

二兎追うものは一兎を得ず

2017/01/21
★介護士日記

認知症と調理の関係性。

2018/06/08
├生活不活発病を防ぐ

 あだな特集

2012/03/20
★介護士日記

栗の季節です。

2013/09/10
★介護士日記
秦 邦仁
株式会社クローバー
代表取締役

2011年に大分市で訪問介護サービス「ヘルパーステーション介護のみかた」を開所。自宅で元気に長生きできる独自のシステムを開発し、高齢者の生活をサポートしている。また、介護支援コンサルタントとして、小学校から老人クラブまで年齢層に関係なく介護セミナー活動も行っている。

お問い合わせこちら

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
無料採用エントリー
トップへ戻るボタン