無料採用エントリー

間違って3日分飲んでいるみたいなんです。

2018/02/24
├環境を整える

こんにちは。

ヘルパーステーション介護のみかたです。

 

先日、おひとり暮らしをされているご利用者様のH様の娘さんから連絡がありました。

 

「昨日、母の所に行って薬を見たら、3日分間違えて飲んでるみたいなんです。」

 

「何か、間違えずに薬が飲めるようになるいい方法はないですか?」という内容でした。

 

ちなみにH様は毎日、朝1回の薬を袋から出して服薬されています。

 

現在、H様が活用している介護のサービスは、

 

通所サービスとホームヘルパーで週3回は訪問するので、その時は服薬の確認が出来ます。

 

娘さんは週1回、様子を見に行ってくれています。

 

ということは、週3回は誰も家に訪問することがないという事です。

 

そこで、どうやったら薬を飲めるのかという会議をしました。

 

まず会議では、

 

どうやったら飲めるのか?ではなく

 

なぜ、薬を間違って飲んでしまうのか?を話し合います。

 

意見は色々と出たのですが、

 

今回は、

 

「今日が何日で何曜日かが理解できていないのではないか?」という

 

写真は、スタッフの今村が考えた方法です。

 

 

 

 

H様は毎朝の日課として、新聞をポストに取りに行き、テーブルに座って読みます。

 

では、その新聞を読むときに

 

新聞の日付と、日めくりカレンダー(手作り)を合わせ、

 

その日付とカレンダーを見て、

 

貼ってある薬を飲む。

 

この行動をルーティンになるようにしてみよう。ということになりました。

 

やってみないと分からないのですが、

 

これで、薬を間違えずに飲めるようになったらいいな~と、ご家族と話しています。

 

もし、飲めなけでれば、また違う方法を試してみようと思います。

 

 

※使用している写真は、ご本人・ご家族の了承を得て掲載させて頂いています。

※掲載している文章はこちらの解釈が含まれている場合があります。

 

■スタッフ募集については こららをクリック→ ★
■介護について ご相談されたい方は こちらをクリック → ★
■サービス内容は こちらをクリック → ★

 


みなさまのクリックが 励みとなります。ありがとうございます。

 

ヘルパーステーション 介護のみかた

お問い合わせ・ご相談窓口

097-528-8030

 

 

 

 

 

 

 



関連記事

さて、病院に行こうかな〜。

2019/10/17
★介護士日記

 石橋正二郎

2011/05/16
★介護士日記

 志高く

2012/02/03
★介護士日記

ご利用者様の声:【たくさんの困りごとを解決していただけました!】

2015/08/23
【ご利用者様の声】
秦 邦仁
株式会社クローバー
代表取締役

2011年に大分市で訪問介護サービス「ヘルパーステーション介護のみかた」を開所。自宅で元気に長生きできる独自のシステムを開発し、高齢者の生活をサポートしている。また、介護支援コンサルタントとして、小学校から老人クラブまで年齢層に関係なく介護セミナー活動も行っている。

お問い合わせこちら

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
無料採用エントリー
トップへ戻るボタン