無料採用エントリー

 要介護認定の有効期間、新規申請を1年に- 厚労省方針

2012/01/28
★介護士日記
厚生労働省は25日の社会保障審議会介護給付費分科会(分科会長=大森彌・東大名誉教授)で、要介護認定の新規申請について、有効期間の上限を12か月ま
で延長する方針を示した。現在の上限は6か月。今後、パブリックコメントを募集した上で、改正省令を4月1日から施行する予定。






 同日の分科会で異論は出なかった。大西秀人委員(全国市長会介護保険対策特別委員長、高松市長)は、「(認定事務を行う)市町村の現場の声に配慮いただいた。感謝申し上げる」と述べた。



 要介護認定の有効期間をめぐっては、厚労省が2011年4月、▽区分変更申請▽要支援と要介護をまたぐ更新申請―に限り、上限を6か月から12か月に延長する制度の見直しを実施している。


関連記事

ご利用者様の声:【大分トリニータ!の選手と☆ また新たな「ご縁」に届けたい…】

2015/08/12
【ご利用者様の声】

 小規模多機能、単体サービス利用者が約3割- 事業者連絡会調査

2012/04/08
★介護士日記

家庭菜園

2012/08/10
★介護士日記

初任給 続き

2015/01/19
★介護士日記
秦 邦仁
株式会社クローバー
代表取締役

2011年に大分市で訪問介護サービス「ヘルパーステーション介護のみかた」を開所。自宅で元気に長生きできる独自のシステムを開発し、高齢者の生活をサポートしている。また、介護支援コンサルタントとして、小学校から老人クラブまで年齢層に関係なく介護セミナー活動も行っている。

お問い合わせこちら

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
無料採用エントリー
トップへ戻るボタン